<猫は水の国で生きる>

9/8(土)、9/9(日)の両日、阿部一徳一人芝居3か月連続公演『阿部まつり2007』第一弾
「水に棲む猫」が行われました。
共演は川ファクではおなじみのスズキケンタローさんです。
このために(!?)パリから戻って参加してくれました。

東京オリンピックの年の東京が舞台。
子供たちの神聖な秘密の儀式。
阿部さんの語りについつい引き込まれてしまいます。
阿部さんはもう立派な大人のはずなのに、脳裏に浮かぶのは
子供たちの放課後のあの感じ。さすがです。

約一年ぶりのケンタローさんも、場面にばっちり合った曲を挟んだかと思いきや、
即興の曲ものせて、私達の空想の領域を盛り上げてくれます。
c0113895_22104727.jpg

やってくる大きなまつりと、子供たちの大冒険。そして・・・
この日も残暑は厳しく、ファクトリーの中もかなり暑かったのですが、
見終わった後に、ふと気づくと、
(それでもやっぱり、もう、夏、終わっちゃうんだなあ・・・)
と夏休みが終わったときのような何か寂しい感じが残りました。

そして終演後は川ファク名物、パーティーです。
メニューは・・・ナイショ。
c0113895_2211960.jpg
原作者の天沼春樹さんには2日連続でご登場いただき、地元から見に来てくださったお客さんも、もちろん阿部さんファンも、みんなで同じ鍋をつつきます。
これが川ファクスタイル。

次回「阿部まつり2007」第二弾は
10/6(土)7(日)
「ぼくは747を食べる人を知っています」

14:30カフェオープン15:30スタート
チケット:前日までのご予約¥3,000・当日券¥3,500(阿部謹製チケット・1ドリンク・終演後のパーティー付)
詳細はこちらへ→http://members3.jcom.home.ne.jp/a.ka/T1.htm

おととし、旧県立川崎南高校武道場をお借りして公演を行ったことでもおなじみの
あのお話が、こんどはボンバードラミさんの歌・ピアノと越智泰彦さんのベースで
再び登場します。
はっきり言って必見です!
[PR]
by kawa-faku | 2007-09-13 22:14
<< 黒田興業さんありがとう!! 修禅寺 >>