<   2007年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

3/17 川ファク+朧座 試演喫茶【1号店】

昨年杉並公会堂にて舞台「修善寺」をおこなった今申楽朧座が今年も始動!夏には舞台「修善寺」の修善寺野外公演も控えているのですが、(詳しくは 今申楽 朧座HP http://www.oboroza.com/をチェック!) 今回はそれとは別に新たな企画を始めました。

その名も「試演喫茶」

ここ、川崎ファクトリーにてカフェを楽しんでもらいつつ、短い作品をさりげなく行う、という企画。
さりげなく、カフェに溶け込ませる、というバランスがツボのようです。

今回は山戸ちひろを演出に迎え、ごく短い作品を。
元が不条理劇なのですが、内容をまったく知らずに見てしまった私は、舞台上の女性の不条理さかげんに、舞台なのも忘れてかなりイライラ。山戸演出にはめられてしまったのでした。
c0113895_1205153.jpg

(写真は、戸惑う男(子だくさん) と 不条理な女)

いつもだと、カフェは川崎ファクトリーのスタッフが総出で切り盛りする、「いつものCa-Fe Factoryスタイル」というのが漠然とあるのですが、今回はカフェのレイアウトやスタイルなども山戸演出にゆだねてみました。
c0113895_1223295.jpg

(本日のバリスタ。今回はカフェコーナーがファクトリーの中央に。奥の方が今回の仕掛け人、山戸女史。)

いろんな人が参加することでいろんなスタイルが体験できる、これって川崎ファクトリーの醍醐味ですね。2号店、3号店と今後も出店しますので、乞うご期待。
[PR]
by kawa-faku | 2007-03-18 11:24

3/13Dreams and Memories~芸術家Margo Krenと語らう~

カンザス州立大学名誉教授Margo Krenさんが来日し、川崎ファクトリーでアーティストトークが行われました。
c0113895_23375233.jpg

大学時代から最新作まで様々な手法を用い表現してきた自らの感情や記憶を丁寧に解説し、その作家の表現してきたリアリティーを追体験したような不思議なアーティストトークでした。
c0113895_2338126.jpg

『「生」と「死」、「喜び」と「怒り」、のような相対する事柄に興味がある』と自身も言うように、絵には相対する表現がちりばめられそれがリアリティーとなって観るものを引き込みます。
c0113895_0152731.jpg

終了後、もはや川ファク名物!?工藤シェフによる打ち上げメニューにMargoさんも大満足!


P.S-川ファクBlogに度々登場する工藤シェフ!突如現れ凄まじい手際よさで料理し巧みな話術でスタッフ一同をひと盛り上がりさせたらサッと帰ってしまうヒーローのようなひと、川ファクスタッフ一同本当に助かっています。


次回>川ファク+朧座 試演喫茶【一号店】16:00cafe open~17:00開演~<入場無料>
    今夏、修禅寺での公演をひかえた今申楽 朧座による初の川崎公演です!
    今申楽 朧座HP http://www.oboroza.com/
    
[PR]
by kawa-faku | 2007-03-15 00:54

歌いましょう!あなたとともに Vol.17

カワファクもお世話になってるソプラノ歌手、上杉麻子さんのコンサート情報が舞い込みましたよ。
昨日は、初対面にもかかわらず、芸術家のMargoさんをかなり楽しませていました。改めて、上杉さんの人を楽します才能を感じました。
上杉さんと一緒に歌う喜びは、より一層人々を元気づけるものだと確信しています。
また、上杉さんはボイストレーニングの講師もしています。
カワファクでは、あらゆるジャンルを、大人から子供まで、初心者からプロ志望の方まで、歌う喜び、笑顔になれる喜びをボイストレーニングを通じて人々に伝えることを上杉さんとともに行っています。
c0113895_2331069.jpg

c0113895_234340.jpg

[PR]
by kawa-faku | 2007-03-14 23:04

春一番!

急に暖かくなって、私の苦手な冬が過ぎ、とてもうれしいここ2~3日。
しかし、2週間前に春一番が吹いたかと思ったけど風が強い日は続いてますね。最近はスコールばりの雨のおまけ付き。なかなか、穏やかな日々にはなりそうにないですね。

さて、最近のカワファクはというと、先週から、今申楽朧座が3月17日(土)の公演に向け、稽古に励んでおります。稽古は夜遅くまで、試行錯誤しながら練り上げています。
c0113895_2325226.jpg


また、3月13日(火)は、海外アーティスト Margo Krenを迎え、講演会行います。
Margo krenさんは芸術家でカンザス大学の名誉教授。カンザス大学では、イサムノグチの父、米次郎が100年前に出した詩集の批評文をカンザスシティー・スターという地元新聞社が書いていたこともあり、昨年、米次郎が2年間円覚寺に住んで書いた名文と共に円覚寺の住職さんをお連れして、講演をしたこともあり、逆にそちらの大学から先生が来られることになりました。

こんな、チャンスは滅多にあるもんじゃないでよ。

月末の3月31日(土)、4月1日(日)には、阿部一徳さんの一人芝居「地獄編」もありますし、甘い香りのする季節に、ちょっぴり刺激的なスパイスを味わえそうですね。

詳細は随時、更新して参ります。


c0113895_22484911.jpg
c0113895_22491727.jpg

[PR]
by kawa-faku | 2007-03-06 23:13