かくもグロテスク、かくもピュア

先週、1・2・3日、阿部一徳さんの一人芝居「異形の愛」の公演がありました。
金曜日には「川崎南高校利活用応援企画」として、市民限定プレビューを行なって頂きました。

今回の公演はとにかく、役者もお客さんもとにかく根気が必要なお話でした。キャッチフレーズが言い表すように、一見、グロテスクな内容だがその裏側にあるピュアな愛がある、血の気の引くような感じにとらわれたかと思えば最終的に、また、血の気が戻りほんのり暖かみを憶える。それに加え、きれいなギターサウンドが物語に爽やかさを加えてくれる。そんな、話と体が呼応しているような感覚を感じられる公演でした。
c0113895_1182389.jpg


終演後は、カワファクではおなじみの、和みタイム。3日は、阿部さんの誕生日前日という事もあり、ケーキの贈呈。
ケーキをつまみにビールを飲む阿部さん。この人は、っっっやっぱりすごい!!
c0113895_1252393.jpg

[PR]
by kawa-faku | 2007-06-06 01:05
<< 市議会目前!「本気で臨海部の未... 5月19日ボンバードラミVo ... >>